山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 

  16時前に植松康忠大先輩(M25)が受付で米沢工業会山崎が居るかと確認されて来訪なされる。明日からM25クラス会に2年ぶりに出席されるが、妹さんや弟さんにお逢いになるので今日、お越しになったたとの事です。
 暫し、病気療養されたお話や日本車輌のお話などお伺いする。山中出身とのことで、英語の松木清先生が共通の話題になる。英作文の答案が添削されて翌日真っ赤になって渡された思い出や質問に答えられないと頭をかじられたお話をしたら、植松康忠大先輩は解らないとトイレ掃除をさせられたとお話される。共通の話題なので、大いに盛り上がり喜んでいただく。今日、山崎に会えてよかったと言われてお帰りになる。

 
【2013.9.23】

 
~植松康忠大先輩(M25)が来訪なされる~

 9時過ぎに植松康忠大先輩(M25)が来訪なされる。明日からM25クラス会があるので、親戚や知人にご挨拶がおありなので早めにお越しなされたとの事です。
 クラス会のお話などお伺いする。1年後輩に入学なされた2人の女性の話題になり、米沢在住の高橋さんにお電話され、暫し学生時代の思い出話をなされる。










【植松康忠大先輩(M25)にお越し頂いた2008年10月15日のブログ】
~『日本の貨車<技術発達史>明治5年(1872)~平成16年(2004)』を頂く~

《『日本の貨車<技術発達史>明治5年(1872)~平成16年(2004)』》

◇社団法人日本鉄道車輌工業会 貨車技術発達史編纂委員会編『日本の貨車<技術発達史>明治5年(1872)~平成16年(2004)』を植松康忠氏(M25)より贈呈される。
◇植松康忠氏は昭和25年機械科を御卒業後、日本車輌製造KKに入社、主に新製品の開発を含む鉄道車両や道路車輌の設計に従事、設計部門や品質管理部門の部長など歴任される。
◇本書には植松氏が開発した自重軽減の典型といわれる「日本初のフレームレスタンク車」や珍しい超冷温LNGタンク車、荷役の省力化を実現した各種ホッパー車等も記載されている。


《植松康忠氏と植松整三元助教授》

◇植松康忠氏の弟さんと妹さんは、精密工学科・機械システム工学科の植松整三元助教授と事務員の鈴木真樹子さんです。

【2013.9.25】

~M25クラス会ご一行様がご来訪~




 15時30分に山口 祥二大先輩(M25)幹事のM25クラス会ご一行様がご来訪なされる。バスから下車され重文本館・旧米沢高等工業学校本館をバックに記念撮影なされた後今日の宿泊宿、白川ダム湖畔・フォレスト飯豊へ向かわれました。
 今年もお越し下さいましてありがとうございました。来年も是非お出でください。
ご健康をご祈念申し上げます。

【クラス会のご案内】
≪心の故郷への誘い≫
 1年の多経つのは年々早く感じられ、まだ昨年の会の余韻が心地よく残っているのに、今年の会の期日が迫ってきました。
 アベノミックスとやら、私共年金者には大変な時になって来た様で、早速ホテルの宿泊代が値上げです。
 今年の議題は「エンディング」について上野兄の司会で進行します。「終わりよければ全てよし」良い話し合いが出来る事を期待します。
日  時:9月25日~9月27日
宿泊地:フォレスト飯豊&猫魔ホテル
参加者:12名

昨年のご案内は
≪友集い共に語ろう≫

 緑色濃く冴えて自然の息吹に包まれ、生きる喜びを感じる季になりました。
今年の同級会を昨年決められたように下記のとおり行いますので、皆様奥様共々、ご参加いただきますようお願いします。

日  時:9月25日~9月27日
宿泊地:フォレスト飯豊&猫魔ホテル
参加者:16名
<M25クラス会の御一行様がご来訪、2012.9.25>





『共に語ろう』

 上野幹事より提案があります。お互い長い人生の中で得がたいきちょうな体験・経験そして学んだこと、その他なんでも話し合う時間を設けますので、資料etc.をご用意頂ければと思います。上野兄が司会進行を致します。

■毎年、母校をご訪問頂いております。米沢在住の山口 祥二大先輩が幹事を勤められております。
今年も伊丹市、豊川市、沼津市、調布市、東京都江東区、知立市、川越市&米沢市からお集まりです。

 ご健康を心よりご祈念申し上げます。25日の日にお待ちしております。