山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 

 

【9月2日~9月6日 (処暑・末候) 禾乃登る(こくもの すなわち みのる) 】

 田んぼの稲が黄金色に輝くように実り、稲を下に垂らし始めます。

風を読み

気配を感じ取り

兆しに目を向けて

季節を読み取るのは結構楽しいものです。

【七十二候】

二十四節気は一年を24にわけたものですが、

一年を5日ごとに区切って、

季節を72に分けたのが「七十二候」です。

七十二候の魅力の一つは、

季節のサイクルが五日ごとに変わり、

展開がとても早いということです。

くらしを楽しむ七十二候

  ー日本には七十二もの豊かな季節がありますー 

                 より「引用

 広田 千悦子 

 発行所:アース・すたー・エンターテイメント