山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 

 平成26年5月20日、21日・第72期名人戦第4局:森内俊之名人対羽生善治三冠を題材に谷川将棋連盟会長・九段が同年12月に東大で講演される。

 以下、将棋世界平成27年第6号付録、勝又清和六段編『新手ポカ妙手選』より引用

≪谷川将棋連盟会長・九段の談≫

「常識や本筋が分からない人はプロになれない」

「本筋の手しかさせない人は一流になれない」

≪勝又清和六段解説≫

・「王手は追う手」、「一段金は筋悪」等々

あらゆるセオリーから反する「常識破りの王手」

【羽生の4一金!】が名人奪取の一手となる。 

・【羽生の4二角!】とまたまた

「大駒は離して打て」の逆をいく王手で決めた。

≪羽生善治三冠談≫

例外もあると常に考えながら指すのも大事かな。

この場合、難しいながらも勝ちの可能性が残った。

≪佐藤康光九段談≫

 常識外の手を決断よく選ぶ選ぶところが

羽生さんの強さ。

羅針盤がない中での終盤の正確さが光った。