山形大学工学部 米沢工業会 事務局


 

 

日時 平成27年7月28日(火) 10:30~11:50
場所 山形大学工学部 百周年記念会館内 迎賓室
出席者 委員長:栗山雅文
委員:兒玉直樹、富川義朗、鈴木義勝、上村勘二、長谷部利信(議事録)
事務局 山崎洋一郎、鈴木利雄

委員6名中6名が出席(事務局は含まない)で本選考委員会は成立する。

(1)委員長挨拶:米沢工業会の存在意義と公正な助成を行うため厳正な審を
お願いします。

(2)配布資料の確認
・選考資26-2-1 助成申請一覧
・選考資26-2-2 ボリビア人国費留学生の技術マネージメント
及び価値創成知識獲得援助事業
・選考資26-2-3 山形大学工学部教員による吉林化工学院への訪問
・選考資26-2-4 有機材料システム推進本部の研究推進・情報発信事業
・選考資26-2-5 第88回米沢数学セミナー
・選考資26-2-6 第11回全日本大学フットサル大会東北大会への出場
・選考資26-2-7 機械システム工学科3年生の工場見学
・選考資26-2-8 日本色彩学会第46回全国大会「米沢」2015
・選考資26-2-9 第21回吾妻祭
・選考資26-2-10 学術会議研究発表助成
・選考資26-2-11 国際交流奨励費(教員)
・選考資26-2-12 国際交流奨励費(学生)
・選考資26-2-13 参考:平成23~26年度下期採択状況

(3) 議事進行⇒事務局から配布資料に基づき順次説明あり
・審議結果
◎ 助成算定額は各選考資料とも概ね適切である。
◎ 申請された案件は全て承認された。
ただし、以下の申請案件は不備(訂正要)があるので訂正、再提出の事。
・選考資26-2-4⇒項目を(公1-オ)に訂正する
・選考資26-2-6⇒承認 但し、出場する大会が東北?全国? 今後統一する事
・選考資26-2-10⇒承認 技術員も教員と同等とするので、再提出の事
・選考資26-2-11⇒提案通り、4名中2名に助成する
・選考資26-2-12⇒提案通り、45名中40名に助成する
例年より応募多数のため1名当たり25K円と少額となった。
校友会に依頼する一方もっと増やせるよう来季予算を見直してほしい。

(4)委員長の閉会挨拶
・選考資26-2-1 助成申請一覧に公的支出分類が明記されわかり易くなった。
・事後報告が数件あったがなるべく事前にするよう配慮願います。(メール可)
・学生からの助成案件が増加した事は米沢工業会本来の趣旨が理解・実現され、また認知された良い証左となっています。増えるのは大歓迎なので予算の見直しをお願いします。
・次回開催⇒平成28年2月の予定

                                     以上