山形大学工学部 米沢工業会 事務局


富川名誉教授が来訪中に藤原 渉 技術職員が来訪。米沢工業会会費納入の振込用紙を持参され、技術職員に教員と同じ金額の会費納入を依頼しながら、国際学会参加旅費の助成が大学院生と教員と限定しているのは差別ではないかと問われる。
 技術職員の方には、9月初めの研修費として、毎年十数万円を助成していること、職員OBの懇親会に助成していること。さらに国際学会参加助成については、実績があり、申請すれば選考委員会で選考されれば助成しますとお話しし納得頂く。しばし懇談後、お帰りの際、会費納入を宜しくとお話しする。