山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 

 10時40分頃、
・米沢市企画調整部 総合政策課 課長補佐 吉田 吉田 晋平 様
・米沢市企画調整部 総合政策課 企画調整主査 伊藤 昌明 様
が来訪し、「ふるさと納税」についての会員への広報を依頼される。
パンフレットの作成を22日までにと依頼する。
 親和会首都圏支部総会にて、PRしましょうとお話しする。

【2015.4.2】

~米沢市企画調整部 我妻部長、渡辺課長、宍戸主幹が新年度挨拶で来訪~

 

 11時過ぎに、米沢市企画調整部幹部ご一行が新年度挨拶で来訪される。
来訪なされたのは
・米沢市企画調整部 部長 我妻秀彰 様
・米沢市企画調整部 総合政策課 課長 渡辺 勅孝 様
・米沢市企画調整部 総合政策課 地域振興主幹 宍戸 徹朗 様
なお、我妻秀彰部長は機械科昭和58年卒業です。

 ご挨拶の後、我妻部長より「ふるさと納税」の広報を依頼される。
3月5日に尾形 健明 名誉教授・米沢市参与が来訪された折にお伺いした件が
具体的に動き出す。

【2015.3.5】


~尾形 健明 名誉教授・米沢市参与が来訪~

 



 
 10時過ぎに尾形 健明 名誉教授・米沢市参与が来訪。

 


「ふるさと納税による

     山形大学工学部への研究支援

     及び学園都市推進事業支援について」

下記・案をお伺いする。

        記

◇ 趣 旨
◇ 内 容
◇ 寄付金の配分案
◇ 工学部への研究支援の方法
◇ 学園都市推進事業への支援方法
◇ その他

 米沢工業会会員へ積極的にPRしていく手段・方法として、会誌・会報への記事の掲載をすると同時に広告掲載を依頼しました。

【2012.2.7】

~学園都市推進協議会『地域と大学との懇親会』・・・その2~

主催:米沢市、学園都市推進協議会
共催:置賜総合開発協議会、置賜地区商工団体協議会
期日:平成24年2月7日(火)18:40~20:00
会場:グランドホクヨウ米沢
《山口昇一米沢市企画調整部長&柴田正孝米沢商工会議所事務局長》


《渡辺勅孝米沢市総合政策課学園都市推進室長&金子好洋米沢市総合政策課地域振興主査》


《高橋大輔米沢商工会議所総務企画部チーフマネージャー、南波百合子米沢市総合政策課主任&数間美幸米沢商工会議所総務企画部》



《中締めは花笠締め:

  尾形健明山形大学工学部教授・米沢市役所参与》

 

【2012.3.22】

~1年前の3月22日:横山孝男百周年記念史誌部会長が来訪~

 


横山孝男教授が11時30分に来訪、用事は2件。
◆米沢工業会誌148号の原稿(大竹多氣初代校長のお孫さん・大竹俊樹氏随筆「大竹多氣と液体空気」)を校正されたのを持参下さる。
◆編纂室小室室長から依頼されておりました百年史の原稿校正を横山孝男百周年記念史誌部会長にお渡しする。(1週間遅れてお渡ししました。)
第7章大学紛争と大学改革・・・・・・執筆者:渡辺克己名誉教授 

第8章工業短期大学部の改組

    ・・・・・執筆者:尾形健明教授

第9章工学研究科博士課程の設置・・・執筆者:渡辺克己名誉教授
執筆者の二人の力作でした。
・大学紛争の時代背景、山形大学及び工学部に於ける学生運動について、「ああ・・そうだったんだ」と興味を持って読ませて頂きました。
・改革をする、新しい組織を作る、企画立案、関係者の意見の吸い上げ、他大学の動向、文科省への説明、予算の確保等に莫大な労力を要し、疲労でお亡くなりになられた学長がいらったことを初めて知る。
・校正ですか・・・完璧でした。校正をして、後世に残す素晴らしい百年史になると確認致しました。