山形大学工学部 米沢工業会 事務局

~富川義朗山形大学名誉教授が開発された「特定の回転支点のない『ばくうコマ』」・・・2~

 富川名誉教授の了解を得て、研究メモを掲載させて頂く。

≪富川義朗山形大学名誉教授の「特定の回転支点のない『ばくうコマ』」開発メモ≫

(研究メモ)H270109=(研究メモ)105-1  平成27.1.9.

(研究メモ)H261229=(研究メモ)105  平成26.12.29.
 『ばくうコマ』:その最大の特徴の「倒れない構成」の更なる追及   の続き:  
 (本文の新構成) コリオリの力の原理・グッズの新構成 を積極的に使う
                 『ばくうコマ』 !
         幸運の偶然=Serendipity に遭遇しての発起: 
特定の回転支点の無い『ばくうコマ』
                              <バクウ研究所> 富川義朗
(経緯)
(研究メモ)H261229=(研究メモ)105  平成26.12.29.
 『ばくうコマ』:その最大の特徴の「倒れない構成」の更なる追及
 その一環としての   ・コリオリの力の原理・グッズの再再考察
では


<(本文の新構成) コリオリの力の原理・グッズの新構成・・・2>
                               
(試作検討結果)
(1)片足立ち回転『ばくうコマ』1: ユースキン容器構成

写真14 ユースキン容器構成・その1

 容器蓋に回転つまみ軸を設け
 縦型駆動構成
 (特性)
(1)写真9、10のような横置き回転駆動は
  ここでは省略。 写真14の構成と
  同じであるからである。
  なお、容器は底部が厚くなっているので重い構成になっている。この上下の重みのバランスは回転特性に影響していることは確かである。しかし、その程度に付いて筆者は十分には詰めて居ない。
 (注)回転特性のスパコンによるしシミュレーシオンは課題。特に写真16の様に駆動しても斜めに浮き上がっての回転する動きの原因を知りたい。

(2) 回転持続時間は長い。『ばくうコマ』として十分。(3)廻し方により特性は少し異なる。きつく強い回転では回転終了時には横に倒れる場合が多い。これは回 転軸の傾きが大きいからである。しかし、その回転している様と彷徨って机を動きながらの様子は今までのコマでは感じられないユニークさがある。
究極のコマの止まっているかのように3分も回る独楽とはまた違った感覚がかもしだされる。

(3)普通の適度な回転駆動力による回転の方が面白い。上記(2)の特性は勿論で
あるが、回転が終了間際になると、容器側部は床面と衝突しながらのカタカタカタの
音を立てての回転動作になり、彷徨って廻る。この時間は結構長い。このカタカタカタの振動回転の様子は、皆経験していることではあるが、この構成の他に無い”売りの特性“である。このとき、常に蓋部が上を向いて停止する場合が多い。
写真15はそれをほぼ確実に実現されるように工夫した構成である。

即ち、写真14のプラスッチック性の
結構重い蓋を取り去り、回転駆動軸
部を容器内部に軽い形状にして
取り付けて構成してある。写真の上      写真15 ユースキン容器構成・その2
表面は紙製円板に絵柄紙を貼り付けて
ある。このような工夫により、底部の重さを利用する結果となり、停止時には
写真14の上向きの状態となる。何度もトライした結果100%に近い動作となった。

(4)『ばくうコマ』としての絵柄は彩り四角絵を選んだ。片足立ち回転では回転速度が早いので、①紋様の見え方は複雑。その分フアンタジック。傾いて回転するので
回転速度につれても変り面白い。 ②回転速度が少し落ちて上表面が見やすくなる 
と彩り四角絵は△紋様に見えてくる。即ち(-)錯視状態である。『ばくうコマ』には
矢張り、自転、公転の二つの回転が伴っており、それが同じ方向であるので(-)に
錯視になる。③見える時間は長くは無いが、停止間際には、彩り四角紋様が歪む。
  ④また、停止時には、絵柄が逆回転の様子も分かる。しかし、筆者にはよく分かる   
  が他の方は言われないと見逃し易い(注意が必要)。
 即ち、これまでの『ばくうコマ』の特性の全てが入った構成である。
(5)記述が前後するが、写真16は写真14の回転駆動の仕方を示す記録、
写真16 軸芯指廻し駆動の様子 


写真17 傾いて回転している様子

写真17は回転している様子の記録。筆者が駆動させ、筆者による撮影。回転時間が
長いので自演・自撮影が可能。

(2)片足立ち回転『ばくうコマ』2: プラ・薄肉円筒容器構成(写真9.10の再構成)

写真18 写真9、10の再構成          

写真19 回転の様子

(1)写真9.10を思い直して『ばくうコマ』として、絵柄紋様を付けて再構成。
(2)写真17の左構成: 大きさ:D=78mmφ、H=50mm H/D=0.64。
  本構成においては回転停止時にはほとんど上表面を頭にして静止(立った状
態)。回転持続時間は少し短くなるが、カタカタカタの振動を伴った回転動作が
確実に実現される。
 (3)写真17の右構成:大きさ:D=78mmφ、H=64mm H/D=0.82
   回転時間はよくバランスが取れた状態と思われ、長い。しかし、停止時には横倒 
   れの状態と立ったままでの状態の二様になる。
 (4)回転の絵柄の特性は写真14、15に同じ。

≪富川義朗山形大学名誉教授の専攻≫

1. 電気電子デバイス工学/超音波エレクトロニクス
  (1) 超音波モータの研究
  (2) 圧電アクチュエータの研究
  (3) 圧電振動センサの研究

2.関わった開発デバイスの各種実例
◇ 超音波モータ・アクチュエータ
◇ 縦L1-屈曲F2 2重モード矩形板超音波モータの応用
◇ ジャイロセンサ
◇ コンペティターのジャイロ
◇ 超音波搬送
◇ その他