山形大学工学部 米沢工業会 事務局

~平成26年度助成対象等選考委員会(第1回)終了後の懇談~








 委員会出席メンバーと一緒の昼食後に暫し、事務室で約1時間懇談する。
富川名誉教授が持参なされたコマ&工業会で展示している天空の廻り・不倒コマを廻してコマの不思議を体感する。上村理事、長谷部理事、鈴木常務理事は技術者に戻ったり、あるいは童心に戻る。説明される富川名誉教授も楽しそうでした。

出席者: 委員:兒玉直樹、富川義朗、上村勘二、長谷部利信(議事録)
事務局: 山崎洋一郎、鈴木利雄
欠席者: 栗山雅文委員長、鈴木義勝委員

委員6名中4名が出席(事務局は含まない)で本選考委員会は成立する。
委員長欠席のため、上村委員が委員長の代理として議長になり議事を進行する。

(1)理事長挨拶:大学からの申請書に採択と記載あるが最終判定は本委員会で行うので推薦として提案願います。厳正な審査・選考をお願いします。

(2)配布資料の確認
・選考資26-1-1 1年次キャリア教育講演会&システム創成工学科主催「大芋煮会」
・選考資26-1-2 国立科学博物館「発見!体験!先端研究@上野の山シリーズ企画」
・選考資26-1-3 高齢者宅のボランティアによる除雪作業
・選考資26-1-4 第5回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト全国大会
・選考資26-1-5 平成26年度博士課程教育リーディングプログラムQE特別賞の選出
・選考資26-1-6 国費留学生の技術マネジメント基礎技術と知識習得支援事業
・選考資26-1-7 日本材料学会第64回通常総会・学術講演会
・選考資26-1-8 国際交流奨励費(教員)
・選考資26-1-9 国際交流奨励費(学生)
・選考資26-1-10-1 平成26年度 米沢工業会賞授与一覧
・選考資26-1-10-2 米沢いただきます研究会 学生グループ
・選考資26-1-10-3 高齢者宅除雪ボランティアグループ
・選考資26-1-10-4 Accel Link 米沢
・選考資26-1-10-5 個人:河田 華
・選考資26-1-10-6 個人:氏家 健司

(3) 議事:進行⇒上村 委員長代理
・配布資料に基づき事務局から順次説明。
・審議結果
◎ 助成算定額は各選考資料とも適切である。
◎ 以下に訂正個所を示した申請書は不備(誤記・訂正要)がありますので
訂正後、再提出下さい。参考まで公的支出分類を明示します。
・選考資26-1-1⇒日付の誤記,印鑑なし,事業名,助成金を見直す事(公2-ウ)
・選考資26-1-2⇒承認(公2-ア)
・選考資26-1-3⇒承認(公1-オ)
・選考資26-1-4⇒収支を訂正、「~米沢工業会のPRになる」と訂正(公2-ア)
・選考資26-1-5⇒承認(公1-オ)
・選考資26-1-6⇒事業名を「~と知識習得研修支援事業」と訂正(公1-ウ)
・選考資26-1-7⇒承認(公1-ア)
・選考資26-1-8⇒国際交流奨励費(教員)は2名とも承認
・選考資26-1-9⇒国際交流奨励費(学生)はNo8・9を除く7名を承認
・選考資26-1-10-1⇒米沢工業会賞授与一覧に「吾妻祭実行委員会」を追加表彰。
    個人表彰に於いて、受賞件名が未記載のため表彰案件を記載する。
・選考資26-1-10-2⇒承認
・選考資26-1-10-3⇒承認
・選考資26-1-10-4⇒承認
・選考資26-1-10-5⇒承認
・選考資26-1-10-6⇒承認
1、・申請書のフォーマット一部変更について
⇒公的支出分類(例:公1-ア等)が一目で判るよう項目を追加する。
・選考資料26-1-10-1の助成申請一覧にも公的支出分類の蘭を追記する。

(4)次回の委員会開催日 ⇒ 追って事務局から連絡する

以上、長谷部委員作成の議事録を転載