山形大学工学部 米沢工業会 事務局


~安崎暁氏「戦わずして勝つ経営体質作り」講演&交流会~


日時:平成 26 年6月21日14時30分~
場所:山形大学工学部百周年記念会館セミナールーム

        次   第

1 開会挨拶&講師紹介  一般社団法人 米沢工業会 理事長  山崎洋一郎


2 御 講 演
  講演テーマ:戦わずして勝つ経営体質作り
  講師:安崎 暁(あんざき さとる)氏


≪内  容≫

<企業の真の競争相手は、同業他社ではなく、世の中の変化だ>
 競争の本質は、変化の方向を見極め、マーケティング・開発・生産・情報の戦略をどうすれば、グローバル時代を生き残れる企業体質が作れるかである。
 孫子のいう“戦わずして勝つ”という作戦の価値が時代とともに増大している。

<コマツ創業者の経営DNA>
創立:1921(大正10)年
創業者の精神:
 ◆ 工業技術の革新
 ◆ 人材の育成
 ◆ 世界への雄飛
遺伝子として受け継がれる
 ◇ 技術革新の追及
 ◇ グローバリゼーション

<社長就任時の考え:社長就任にあたって>
 ◆柔軟で敏捷な企業体質:人材育成、情報武装

 ◇ 会社は創造と挑戦の舞台、そこで演じるのは社員自身

<私が考えた日本型ハイブリッド経営>
統合⇒融合⇒総合⇒(統合)のトライアングル
 ◆ 老荘青、長期と短期のバランス
 ◆ 多様性の尊重
 ◆ 複眼、多眼、上下左右、縦横斜めの視点

<日本の行く末>
 ◇ 自主独立
 ◇ 老荘青のバランス
 ◇ グローバル競争力の向上へ

<山形県へのアドバイス>
 ◆ 山形、東北の良さを活かす
 ・今ある地元産業を育成
 ◆ 農業を堂々とした産業に変えてゆく
 ・補助金を当てにするのではなく、競争力を如何に付けるか
 ◆ 観光に目を向ける

≪質疑応答≫


Q:人財育成について
A:専門技術の高度化に伴い、技術者は分野外に疎いだけでなく、唯我独尊の傾向がある。
・外国人とどう付き合うか⇒グローバルな研修センターで英語で学ぶ
・社内ビジネススクールの開校⇒10年間で500人のリーダー候補を育成

Q:不採算部門からの撤退
A:専門分野の一流会社に、社員の処遇&働き甲斐を考え売却

Q:変化を予測する能力&感性を高めるには
A:
・事実を掴む⇒現実を直視する。
・他の産業に自社の未来がある⇒繊維産業(東レ 前田勝之助氏に学ぶ)が参考になった。
・予測シンクタンクの活用

Q:中国の未来について
Q:小松製作所入社の動機
Q:2つの学部を卒業されたわけ 等

3 閉会挨拶  山形逸品店―義風堂 袴田芳

第二の部 交流会
1.場所 Café Azuma
2.日時 17:00~18:30

【主催】 (一社)米沢工業会 山形逸品店ー義風堂
【後援】 米沢商工会議所  米沢市電振協  米沢電機工業会