山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 茨城支部総会は、10月28日 日立市「ホテル ザ スクエア日立」に会員28名が集い、開催しました。

茨城支部総会は2年に一度、間に芋煮会を家族ぐるみでなされています。今年の総会には入社したOB2名が

参加されました。開催場所は、以前に水戸市で開催したが出席人数が変わらないため、準備の都合も考えて

日立市で実施しています。役員に、OBではなく現役社員が就かれているのが茨城支部の特色です。

 記念講演は、母校有機エレクトロニクス研究センターの芝 健夫 教授が「IoT社会に向けたFHEの開発と

応用」の演題で頂きました。*FHEはフレキシブルハイブリッドエレクトロニクスのことです。

母校が得意とする最新の研究開発技術を、芝先生から丁寧にご説明頂き、会員一同熱心に聴講されました。

 総会では、理事若生様が「本会の課題と対策」を挨拶されました。事業報告(芋煮会)と会計報告がなされ、

役員改選は、新会長に高橋正樹様、副会長に菅 伸明様、幹事長に堂守生剛様が就任され、高橋新支部長は

「小さい行事を何度か企画・実行したい」と抱負を述べられました。

支部長広瀬様と幹事長東谷様には大変お世話になりました。厚く感謝申し上げます。

 懇親会では、お祝いで集まった品がビンゴゲームの賞品として並び、盛り上がりましたことを報告します。