山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 岩手支部総会は、10月27日(土) 花巻市「大沢温泉自炊部」に10名の会員が集い開催しました。

総会で、星支部長は支部活動と支部会計を説明され、支部会員数減少を話題にされました。本部の遠藤理事は

本会の課題と対策を説明され、特に①学生時代に本会の名前を知って貰おう、②支部活動に参加して貰おう

の2点を強調されました。議事は、①2017年度の収支会計報告と監査報告が了承されました。

②2018年度支部活動方針は、支部内の大企業撤退が相次ぎ会員数が減り、異動が頻繁で連絡が取れない

現状の打開策を話し合い、活動方針は了承されました。

 懇親会に入り、酒を酌み交わしながら、自己紹介と近況報告を行いました。温泉宿に同窓が集い、

気持ちも和み、多くの考えが披露されました。会員減少が止まらないという危機感が強く伝わり、

それとともに、何とかしたいという意気込みと母校・米沢工業会への愛着心がひしひしと感じられる

中味の濃い支部総会・懇親会でした。