山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 九州支部総会は、10月28日(日) 博多市「ホテル クリオコート 博多」に会員10名が集い、開催しました。

佐藤支部長挨拶は、3年毎の総会出席に感謝し、支部の現状を説明された。九州支部は広範囲なので3分会案を

提案し、全支部会員にアンケートを実施したが、未回答者が多く不採用としたい。離島の人が参加が難しい。

魅力的な行事に懐かしい芋煮会はどうか。コミュニケーションを密にしたく、昨年からFacebookを始めた。

支出では郵送費の比率が高く、メールに移行したい、ご協力を願う。支部会員の減少が続き活性化が必要と。

 上村理事長挨拶は、母校の最近の活躍を紹介し、本会は母校・後輩の支援を主目的としており、29年度支出の

45%を占める。日本一面倒見が良い同窓会を目指しており、支部活動で先輩後輩の繋がりを深めて頂きたい。

 報告では、支部3分会案アンケート結果と会計報告が承認され、副支部長旭様は定時総会を報告された。

役員改選が審議され、新支部長に佐藤 保様(K45)、副支部長に小林 章様(K59)、幹事長に寺山雅也様(S51)が

就任されました。現役員皆様には永年に亘り支部を牽引して頂き御礼申し上げます。有難うございました。

 講演は、目黒祥高様(修物化平26)が「日本合成化学工業株式会社」の製品紹介と工場紹介をされました。

日常生活で使われている製品が身近な工場で生産され、排水処理では溶剤回収の進化を知りました。

懇親会は、後藤様(C29)の乾杯で始まりました。

酒を酌み交わしながら、お一人づつ近況を話され、

3年間の話題は尽きることはありませんでした。

最後は、旭様の指揮で白楊寮寮歌「飛乱の桜」で

締めくくり

ました。