山形大学工学部 米沢工業会 事務局

『第5回 釣りキチ能登全国大会』の報告

~優勝は唐津真一さん(北陸支部)、大物賞は笹原ふみ子さん(事務局)~

 

 米沢工業会主催「第5回 釣りキチ能登全国大会」が、能登半島のふもと、能登島の民宿「くらたに」に於いて6月16日(土)から1泊2日で行われました。参加者は15名でした。

 米沢から折原先生、本部事務局より笹原ふみ子さんと芳賀香織さんが参加して下さいました。いつもは男ばかりの釣り大会ですが、米沢の美しいお2人が参加して下さったお陰で楽しい釣り大会がさらに楽しく、笑顔があふれる釣り大会になりました。

 前夜祭の「ウェルカムパ-ティ」では、長野県から参加された田中伸季さん(A49)が、何と8万曲内蔵の新型カラオケセットを持参して下さいました。これにはみんなビックリ!静かな能登の民宿が、都会のカラオケ喫茶に変身したようで、何とも驚いてしまいました。静かな夜に慣れきった能登のお魚さん達も、この夜ばかりは眠れない夜を迎えたことでしょう。

tsuri-1

 翌朝5時、自称釣りキチ達を乗せたクジラさんチ-ムと、初心者のメダカさんチ-ムに別れて釣り船2艘で出港した。お天気はあいにくの曇り空、おまけに風も・・・・・・。七尾湾で風が吹くのはめずらしいのですが、能登の島々は我々を快く迎えてくれ、海鳥たちは元気に鳴き声をあげていました。船がポイントの釣り場に着くと、一斉に釣り糸が海に投げ込まれ釣り大会が始まった。北博直さん(M38)は今年も絶好調のようです。お魚を釣り上げる度に大きな歓声と笑い声が船中に響きわたり、みんなの心が一段となごんでいくようでした。

  「米沢の笹原さんと芳賀さんは釣れてるかなあ・・・・」とお2人の方を見ると、笹原さんは長い旅の疲れと寝不足のせいか、何となく元気がなく遠くの島々をぼんやりと眺めている様子で、そのうち波にまかせてコックリコックリ・・・・・・短い居眠りを楽しんでいるようでした。芳賀さんは、小刻みに竿先を動かし上手に魚をさそっている様子でした。

 「遠い米沢から来て下さったのだから、沢山釣れるといいなあ・・・」と思っていると、お2人の竿先が同時にググ~ッと大きくしなった。「オオッ、これはすごいぞ!これはきっと大物に違いない!」と一瞬目を見張った。コックリコックリ居眠りをしていたはずの笹原さんの目がカッと開き、キリキリキリ・・・・と軽快な音をたててリ-ルを巻き始めた。竿はグ~ンとしなり続け大物の魚が釣れたこと間違いなし・・・・!私は息をひそめて大きな魚が海面に現われるのをじっと待った。

 ところがです!ところがですよ、「ワタナベさ~ん!釣り針が芳賀さんの糸に絡まったみた~い。何とかして~!」と笹原さんの悲鳴にも似た大きな声が聞こえてきた。

何ともまあ、能登の神様も意地悪をするもんだ!大物が釣れたと喜んでいたのに、よりによってお2人の釣り糸をお祭りにするなんて、もうガックリ・・・・・・・!

絡んだ釣り糸を少しずつ解きほぐし、やっとの思いで完全に直るところまでこぎつけ、「やれやれ・・・」と思いながら船べりから下を覗くと、何とまあ、大きなキスが釣り針に付いているじゃないですか!「アレ~ッ!釣れてる~!」と思わず大声で叫んでしまった。

だけどキスは、笹原さんの釣り針にかかったものか、芳賀さんの釣り針にかかったものかは分からなかった。「どっちなんだろう?」と少しワクワクした気持でゆっくりと釣り糸を手繰り寄せ、最後の糸の絡みを解きほぐした。釣り糸を完全に解きほぐした時、全長:23cm、重さ:110gの小ぶりながらも丸々と太ったパ-ルピンクのキスは、笹原さんの釣り針をしっかり咥えていた。

結果的には、このキスこそが今年の釣り大会の「大物賞」だったのである。釣り糸が絡まったお陰でキスが釣れたのか、釣れたキスが暴れて糸が絡まったのかは分かりませんが、今年の「大物賞」は、釣り糸が絡んだ結果、生じた事には間違いありません。「何とまあ、能登の海の神様もいたずらが好きだなあ・・・」とあきれた思いでキスを眺めた。

 そういえば昨年の釣り大会で「大物賞」を獲得した山崎常務の時もそうだった。山崎さんの場合は、最初から釣りには全くの無関心で、釣竿は船べりに置いたままでした。

愛用のカメラを取り出し、能登の風景をパチリパチリと撮り続け、たまに思い出したように釣竿を持ち上げる程度で、釣れようが釣れまいが全くと言っていいほど釣果を気にせず、そんな感じで「大物賞」の全長:24cm、重さ:113gのキスを釣り上げてしまったのである。何ともまあ・・・という感じであった。

 

 能登のお魚は、米沢の人が好きなのかもしれない。無欲で、おおらかで、のんびりとした米沢気質が大好きなのかもしれません。そうすると来年の大物賞は芳賀さんに決まりかなあ・・・・と思いながら、セカセカと釣竿を動かし厚かましく「今度こそ大物賞を・・・・」と狙い続けるせっかちな自分を戒めた。

 ひょっこり温泉「島の湯」に入り、昼食を食べたあと、山本哲也さん(T55)の新車「WISH」に乗ったお2人をみんなで見送り、今年の釣り大会は終了した。

ちなみに優勝:唐津真一さん(短T39)、大物賞:笹原ふみ子さん、大漁賞:吉田金男さん(H45)、色々賞:新山清次さん(短T40)でした。

今年も沢山の笑顔と大きな笑い声、優しい心があふれる釣り大会でした。

ありがとうございました。

                            (T47 渡邊豊一記)