山形大学工学部 米沢工業会 事務局

~米沢キャンパスの昼下がり、 7月18日(小暑・末候) 鷹乃学を習う~

 昨日・18日の午後1時30分過ぎから、重文本館ライトアップのライト設置位置決めを行う。
その前に、重文本館の前庭を撮影する。

c0075701_12473739.jpg


c0075701_12473425.jpg


c0075701_12473225.jpg


c0075701_12472963.jpg


c0075701_1247252.jpg


c0075701_12472321.jpg


c0075701_12472219.jpg


c0075701_12471665.jpg


c0075701_12471637.jpg

【7月17日~7月21日 7月17日(小夏・末候)鷹乃学を習う】

 鷹乃学を習う(たか すなわち 学 を習う)
この候は鷹が成長して巣立つために飛び方を覚える頃。

 昨日18日は近畿&東海地方まで気象庁が梅雨明け宣言。
宣言に頼らず昔の人のように、


風を読み

気配を感じ取り

兆しに目を向けて

天気を読み取るのは結構楽しいものです。

【七十二候】

二十四節気は一年を24にわけたものですが、

一年を5日ごとに区切って、

季節を72に分けたのが「七十二候」です。

七十二候の魅力の一つは、

季節のサイクルが五日ごとに変わり、

展開がとても早いということです。

くらしを楽しむ七十二候

  ー日本には七十二もの豊かな季節がありますー 

                 より「引用

 広田 千悦子 

 発行所:アース・すたー・エンターテイメント