山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 1252年に鋳造され、国宝にも指定されている鎌倉市の高徳院の大仏は、傷み具合の調査や清掃作業のため、ことし1月中旬から拝観できなくなっていました。
拝観が中止されたのは、昭和34年から36年にかけて、大仏に補強や耐震対策を施した「昭和の大修理」以来55年ぶりのことでしたが、作業が終わったため11日に再開されました。

c0075701_1422074.jpg


c0075701_14215635.jpg


c0075701_1421528.jpg


c0075701_14214965.jpg


c0075701_1456263.jpg


c0075701_14214552.jpg


c0075701_1421422.jpg


c0075701_14213973.jpg


c0075701_14213642.jpg


c0075701_14213248.jpg

 

撮影:2012.4.8