山形大学工学部 米沢工業会 事務局

 

 

 時任 静士 卓越教授を13日17時前に訪問。メールで、プリンタブルエレクトロニクス 2016の事務局応援(山口さんの業務応援)は対応できるようになったと連絡頂いた件と、窓口の通訳の要員等について再確認の為お伺いする。
 打ち合わせの後、1月13日山形新聞・朝刊1面の記事を見せて頂く。

≪山形大学が世界初、立体物に電子回路印刷≫

 大場好弘山形大学理事・時任静士有機エレクトロニクス研究センター卓越研究教授が都内の同大サテライトで記者会見。

 時任静士卓越研究教授のグループは、あらゆる角度にインキを飛ばして電子回路を形成できるロボットを開発。インキを吹き付ける速度も高精度化。作業を確認できる観察カメラなどを搭載。
 様々な立体物に回路を印刷できる。

 

大場好弘理事・山形大学副学長は「今回の開発は未来の生活を変え得る技術。今後のものづくりに生かしていきたい」話される。

     山形新聞 2016.1.13 朝刊1面より引用

 
<2016 ICFPE>
International Conference on Flexible and Printed Electoronics
日時:2016.9.5~9.8
会場:山形大学工学部
主催:山形大学 ROEL